シートベルト着用義務について|Jネットレンタカー

楽天ポイント楽天ポイントが
使える!貯まる!

レンタカーの格安プランやお得なキャンペーンなどが検索で見つかります

シートベルト着用義務について

2008年6月1日より、後部座席でもシートベルトの着用が義務化されました。

後席シートベルト着用推進車

後部座席については、高速道路(高速自動車国道又は自動車専用道路)での違反は、 行政処分の基礎点数1点が付されます。
Jネットレンタカーでは後部座席も含めた すべての座席で、シートベルト着用を推進しております。

後部座席に搭乗される方は、必ずシートベルトをご着用ください

高速道路において後席シートベルト非着用の場合、一点減点の対象となります。
後部座席の方は事故時でも安全と思われがちですが、事故の場合は後部座席も安全ではありません。
必ずシートベルトの着用をお願いします。

シートベルト非着用の危険性

1シートベルト非着用の致死率は、4~46倍!!
着用と比べて運転席46倍、助手席10倍、後席4倍とのデータがあります。
車に乗ったら、全席シートベルト着用の徹底をお願いします。
2事故の衝撃は2t!!
時速40kmでの事故の場合、50kgの人の受ける衝撃は約2t(体重40倍)、2階から落下したときの衝撃に相当します。
3後席シートベルト非着用の危険!!
  • 事故の衝撃で車外に放出の可能性があります。
  • 後席乗員が凶器となり前席乗員に大きなダメージを与えることがあります。
  • 前席がクッションとなることは大きな誤解です。
  • 事故はあらゆる方向からの可能性があり、その衝撃によりあらぬ方向に飛ばされる可能性があります。
  • 自分の命を守るだけでなく、同乗者を守るためにも後ろ席のシートベルト着用を!後席シートベルト非着用の場合、後部座席同乗者が前席乗員に衝突するなどして、前席乗員が頭部に重傷を負う確率は、着用の場合と比べて約51倍!

Jネットレンタカーは 「お客様満足度」を重視しています。

Jネットレンタカーは、「チャレンジ精神」と、お客様を思いやる「サービス精神」を ブラッシュアップして、理想のレンタカーを追求していきます。 会社詳細はこちらから

ご出発される店舗と日時をお選びください